×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

[[ にんじん健康らぼ。 ]]

■万能薬としてのにんじん

△老化防止と成人習慣病対策

必要量のビタミンAに変わったβカロチンの残りは、老化を遅らせたり生活習慣病を予防する効果の高い抗酸化物質として機能します。

体内での酸化は体の大敵であり、それに対抗するのが抗酸化機能です。体内の細胞や組織は酸化することで機能が衰え、活性酸素によって酸化が進んでいきます。活性酸素はDNAを形成する核酸を酸化させてがん細胞を発生させ、脂質や中性脂肪に作用して過酸化脂質を作って体内の細胞や組織を破壊していき、あらゆる病気や機能不全につながっていきます。また、コレステロールが酸化されると過酸化脂質となり、血管の壁にくっついて動脈硬化や心筋梗塞をおこします。

抗酸化物質は、そうした原因となる活性酸素を抑制します。

また、にんじんに含まれるカリウムには体内のナトリウムを排出するはたらきがあるため、高血圧となる余計な塩分を排出することで、高血圧の改善につながります。

■関連書籍

にんじんジュースで免疫力アップ

にんじんを基本とした様々な病気を改善させるジュースのレシピを紹介。

いま、“ニンジンジュース”が絶対に効く!―万病を吹き飛ばす知られざる薬効

にんじんジュースがなぜガンや心臓病など万病に効くかを解説。