×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

[[ にんじん健康らぼ。 ]]

■万能薬としてのにんじん

△肌の美容

にんじんにはβカロチンが多量に含まれていることは先に書きましたが、これは体内に入ると必要な分だけビタミンAに変わります。このビタミンAが美容にいいのです。

ビタミンAは皮膚の状態を整え、角質化を防ぐ効果があり、肌荒れの改善やしわの防止に役立ちます。肌の基底細胞の細胞分裂を正常化し、ニキビなどの肌荒れにも効果があり、にんじんを使ったクリームなどの化粧品も作られています。

ビタミンAを取りすぎると吐き気、頭痛、睡眠障害などの障害が出ますが、にんじんに含まれるβカロチンは体内で必要な分だけビタミンAとして吸収されるので、そういう心配がありません。