×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

[[ にんじん健康らぼ。 ]]

■キャロット村のにんじんがおすすめ!

△キャロット村のにんじん体験談 =がんを克服=

先日、山形のキャロット村へおじゃまして来ました。そこで、にんじんジュースを使った免疫療法で今現在もガンと闘っていらっしゃる方とお会いする機会があり、少しだけお話をうかがうことができました。

お名前はNさんとしておきます。スーパー向けに野菜や果物などのパッケージングをされている会社の社長さんです。


昨年12月に食道ガンだと告知されたそうです。健康を考えて秋にタバコをやめた直後だったので、さらにショックは大きかったということです。はじめから手術は希望せず、迷わずににんじんジュースを使った免疫療法を行なうことに決めたそうです。大好きだったお酒をピタリとやめて、にんじんジュースを1日に6回、飲料水にはとても気を使われ、玄米食を基本とした食事を召し上がっているとのことでした。約半年過ぎた今、肉体的にも精神的にも非常に和らいだ状態が続いているとのお話で、これまで1ヶ月ごとに大学病院で行なわれていた内視鏡検査の結果では病気の進行が止まり、今では検査も2ヶ月に1回となっているそうです。お医者さんは進行が止まったあと、いよいよガン細胞の消滅が始まるとおっしゃっているそうです。見た目にも健康そのもので、日々のご多忙な業務をこなされています。そういう生きがいこそも免疫力のアップにはきっと欠かせないのでしょう。ジュースの材料についてお話をうかがうと、ご自身がお仕事で扱っている野菜や果物は一切使わず、キャロット村から届く無農薬にんじんを搾っているとのいうので、やはりそういうものなのかと感心してしまいました。その他にも国産のレモンももちろん無農薬、リンゴは無農薬のものが無いので、皮を剥いて使用しているそうです。

実はN社長の会社には、高校生のときにガンを発症し、無農薬生野菜ジュースを使った免疫療法を始め、そしてたったの3ヶ月で完治させてしまったすごい人がお勤めになっていらっしゃいました。その方が高校時代に書いた作文と当時のジュースレシピ(処方箋とでも言うのでしょうか、人によって症状によって内容は変わるようです。)を拝見させていただきましたので、写真を撮らせてもらいました。

3ヶ月でガンを完治させたSさんのお父様やご家族の方ともお目にかかることができました。再発の予防やガンにかかりにくい健康な体づくりのために、やはり今でも、ご家族のみなさんそろって、奇跡のにんじんジュースを欠かすことなく毎日召し上がっているそうです。

3ヶ月でガンを克服した高校生の作文
実際に行なったジュースレシピ