×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

[[ にんじん健康らぼ。 ]]

■キャロット村のにんじんがおすすめ!

△村長の荒井さん

キャロット村を引っ張るのは村長の荒井正幸さん。

糖尿病やガン、アトピーや花粉症といった現代病の原因はそもそも現代の農法によって作られた食材にあると主張し、食材のが持つ体に有効な本来の価値を引き出そうと発酵土壌による無農薬栽培を始めた人です。


現代の一般的な農法で作られた食材は栄養価が低く、アンバランスで有害物質さえ含み、これが病の芽になっている。食材が持つミネラル、ビタミン、酵素、核酸などのバランスのいい栄養素を摂取していれば体はきちんと機能する、というわけです。

荒井正幸

キャロット村では本来の野菜の姿を求めて、樹氷で有名な山形蔵王の清々しい自然に育まれた完成度の高い発酵土壌で栽培される無農薬栽培のにんじんをはじめとして、それぞれの季節によって全国各地の素晴らしい土壌から栄養分を充分に吸収し、目には見えないビタミン・ミネラル・酵素などをたっぷり含んだ栄養価の高い農薬栽培のにんじんだけを吟味してお届けしております。

農薬の心配が無いので、表面についた土をたわしなどを使いよく洗い流していただければ、一番栄養分が詰まっている皮の内側の部分もいっしょに召し上がっていただけます。


また同じように栽培されている小松菜も驚くほど贅沢な肥料を加えた発酵土壌にて育てられ、葉の緑色は非常に濃く、エグミが無く、糖度も季節によっては7度くらいまで上がりますのでジュースなどの生食に最適です。そのまま葉を噛んでいただくとミネラル分が多いので舌で塩味を感じるほどです。夏場でも網戸を使ったハウスの中で育ててますので、無農薬なのに虫食いがほとんどありません。

発酵土壌を維持管理していくには膨大な費用と時間・手間が必要です。作付面積は大量生産が難しいため、それほど多くはありません。そのため、野菜はかなり高価なものとなっておりますが、おいしいということだけではなく、皆様の健康維持のお役に立てるよう植物本来のパワーを最大限に発揮できるような野菜をお届けすることを考えております。


近年、様々な食品に関する健康法がテレビなどでも紹介されておりますが、野菜ひとつとってみてもその価値は千差万別です。せっかくカラダのためを思って始めたにんじんジュース健康法でも、スーパーに大量に並んでいるにんじんの形をしたオレンジ色の植物をジュースにしたのでは何の効果も得られないかもしれません。

今回、こちらのホームページでご紹介をしていただきましたご縁で、東京の知人を介して、お電話でお問い合せをしていただけるけるようになりました。すべての方のご希望に沿えるかどうかわかりませんが、にんじんと小松菜、ジュース用の季節の果物などをお分けいたしております。スーパーの野菜などと比べますと、お値段は高くなってしまいますが、私たちの努力の結晶です。皆様の末永いご健康を願いご挨拶に代えさせていただきます。